• HOME
  • 国産車販売
  • 輸入車販売
  • カスタム・ドレスアップ
  • 車検・整備
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

HOME > メンテナンス 施工事例:ミニ > MT交換

MT交換

【突然シフトがはいらなくなり走行不能】との事で、修理依頼を頂きました。(ミニクーパー)

クラッチペダルを踏んでもかなり固く、様々な原因が考えられるので、まずバラしてみます。

ミッションケースをおろす事にしました。

真下からの写真です。

ストラットも外します。

↑取り外した部品達。まだまだ外していきますよ〜

ようやく、エンジンを車輌から取り外せました。

ここからが本題の作業!!

まずエンジンとミッションを分離します。

↑ミッションケース側。原因はコレでした…レリーズフォークの破損(赤枠部分)。センターに付いてるベアリングを手で回すとガラガラと少し音がするので、グリス切れや摩耗の可能性があります。

↑エンジン側。この傷(赤枠部分)が、レリーズフォークが破損した際の証です…。

←ディスクとカバー(右が新品)
古い方はスリット部分がほとんど無くなっていました。交換時期ですね。

M/Tケースの汚れを綺麗にして、新しいフォークとベアリングを組んでいきます。※この時、グリス塗布を忘れると早いスパンで同じ事になりかねません。
このような修理の際は認証工場取得済の当社にお任せください!!

今回は追加整備を同時に行いました。
↓↓
≫詳細はこちらをクリック

前のページに戻る
ページの先頭へ